CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Happy Merry X'mas 2014 from Germany

Berlin,Germany

ドイツのクリスマスといえば、クリスマス・ピラミッドと言う、このやぐらのような塔
(ピラミッドと呼ぶんですね、実はドイツ行くまで知りませんでした)。


Frankfurt,Germany

そしてメリーゴーランド?
そうか、英語でmerry-go-round (メリー・ゴー・ラウンド) なんですね。
日本語では何と言うのだろう?
検索してみると、回転木馬。
フランス語ではカルーゼル。そんな名前の芸能人が居たけど、子供心に腰が悪いのかなぁと思っていた。
きっと、多分、問題解決でしょうか。


Berlin,Germany

そして人々は例のものを買い求めるのです。



こやつ。ホットなワインです。



寒いですからね。
日本で初詣先で甘酒を飲む感じでしょうか。



このホットワインは6ユーロとか5.5ユーロぐらいしていましたが、
マグカップ(やジョッキ)のデポジットも含まれていて、持ち帰ってもいいんです。
もちろん返せばその分のお金が戻ります。
| Germany | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルリンといえば、やはり


カリー・ブルスト?それとも、



壁?



ブランデンブルグ門?


ベルリンの壁跡には壁があったと言うプレートが

今年は壁崩壊25周年。



今日は母の誕生日だ。
| Germany | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
去年マリエンバートで2014

Schloss Nymphenburg,Munchen

若い頃観た映画で、内容はよく分からなかったが、映像だけは焼きついているものがあった。


Neues Schloss,Munchen

アラン・レネ監督の「去年マリエンバートで」。
その映画に出てきた庭園に行ってみたいと思ったのだ。
映画通の友人知人に聞いても、その場所は分からなかった。
暫く忘れていたのだが、ある時インターネットで検索してみた。
ロケ地が出てるではないか。ネット情報の凄さですね。
それはミュンヘンにある、上の写真のふたつの城だった(撮影のほとんどが)。

十何年か振りにミュンヘンに行く仕事が入った。



城のひとつ、シュライスハイム城へはミュンヘンからローカル線S1で、オーバー・シュライスハイム駅へ。



進行方向後ろミュンヘン寄りの出口をでるとMuseumの標識が。



10分ほどで突き当たった川を越えて敷地の中へ入り、
左へ行くと城が現れる。



しかしこれは正面?
マリエンバート(映画)の庭園はこの建物の反対側。
左から回っていくと、



いよいよこの先があの庭園。



ああ~ここだぁ~



映画とほぼ同じ位置からも狙って。



久しぶりに、初めて訪れる場所に興奮を覚えたのでした。

さて庭はもうひとつ。
中央駅から17番のトラムに乗って、ニンフェンブルグ城へ。



映画では、城の建物外観が映るカットはシュライスハイムが、庭だけのカットなら両方の庭園が使われているのが分かった。






映画冒頭に使われてた鏡の間。

よく歩いた1日でした。
| Germany | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ミュンヘンと言えば、やはり

新市庁舎、ミュンヘン

ビールですよね。それとも、



白ソーセージ?

丁度オクトーバーフェスト期間中にミュンヘンに来たので、祭りのテント会場へ行きたかったのですが、残念ながら仕事で行けず。
オクトーバーフェストって、この時期半月ほど朝からビール呑んだくれていい期間と言いますか、まあ、ドイツ最大級のお祭りらしいです。



ミュンヘン市内の宿が取れず、隣町のアウグスブルグに泊まってミュンヘン通い。
ミュンヘン行きの朝のローカル列車もこの混み様。それに呑んでるし!
彼らのビールへの思い、半端ねっす。

ということで、私は仕事を終えてからビアホールめぐりを。


ツム・フランツィスカーナー


ラーツケラー


ホーフブロイハウス
| Germany | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりの


ドイツです。
空港で乗り継ぎは何度かしたけど、入国は何年ぶりだろう。
もう10年以上に。



ライン川の花火を見に。
コブレンツは18年振りです。
| Germany | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |